クリーム以外の予防法はあるの?妊娠線を予防する意外な方法とは!

 

妊娠線を防ぐために、クリームを塗る以外の予防法はあるのでしょうか?

 

 

妊娠線のケアとしてママさんたちが最も多く行っているのが妊娠線予防クリームによる方法です。

 

とはいえ、クリームを塗っていても妊娠線ができてしまった…なんてママさんもいたりと、必ずしも安心できるわけではありません。

 

 

そこでクリーム以外にも妊娠線を予防する方法は何かないのか調べてみました!

 

 

クリーム以外の妊娠線の予防法!

 

クリーム以外で妊娠線の予防を行うために、改めて妊娠線の原因をおさらいしておこうと思います。

 

妊娠線の原因は急激に引っ張られることで皮下組織に断裂が起き、赤黒い線となって浮かび上がってしまうこと

 

赤ちゃんが急激に成長する妊娠後期に特に現れやすいのはそのためです。

 

 

それを踏まえた上で、クリーム以外に心掛けたい妊娠線の予防法は以下のようになります。

 

1、体重管理

 

妊娠中は食欲が増してしまう時期もあり、赤ちゃんの成長以外にも体重が増加しやすいタイミングでもあります。

 

急激な体重の増加は皮膚が引っ張られる原因ともなりますので気を付けることが大切。

 

人によって体形や体質などの個人差がありますが、一般的には8キロから12キロまでの増加に留めるのが良いようです。

 

 

2、軽い運動

 

胎教としても効果があるといわれている妊婦さんの運動ですが、これも妊娠線予防に効果的だといわれています。

 

妊娠線ができにくい肌を作るためにはきちんと栄養が行きわたり、血液の循環がしっかりしていることが大切。

 

運動することで滞りがちな栄養や血液をしっかりと肌に送ってあげましょう。

 

 

3、栄養管理

 

妊娠中は思っている以上の栄養をお腹の赤ちゃんに取られてしまっています。

 

そのため肌もダメージを負いやすく、妊娠線ができやすい状態となってしまうことに。

 

しっかりと管理された栄養を取ることで少しでも肌を健康な状態に保ってあげましょう。

 

 

如何でしたでしょうか?

 

ただし、ここで挙げているものは妊婦さんであれば常に気遣っているものでもあります。

 

その上で妊娠線に悩むママさんたちが多いのも事実ですし、やはりクリームなどでしっかりとケアをしてあげるのが一番かもしれません