妊娠線予防クリームの塗り方!より効果的に妊娠線をケアする方法は?

 

妊娠線予防クリームの塗り方に、何かコツはあるのでしょうか?

 

 

現在妊娠中のママさんや出産を経験したママさんの60%が悩んでいるという妊娠線。

 

皮下組織の断裂(肉割れ)によって起きてしまうこの妊娠線ですが、その予防に一番適しているのが妊娠線予防クリームでしょう。

 

保湿成分や皮下組織の一部であるコラーゲンなどを配合し、妊娠線ができづらい皮膚を作ってくれる妊娠線予防クリーム

 

多くのママさんがこのクリームで妊娠線の予防やケアを行っていますが、より効果的な塗り方はあるのでしょうか?

 

 

妊娠線予防クリームの塗り方、塗るタイミングなどのコツとは?

 

妊娠線予防クリームは市販されている保湿クリームなどと比べてやや割高に感じることもありますよね。

 

妊娠線をしっかりと防ぐために高級な成分が配合されていることなどもあり、せっかく購入して使うのならしっかりと効果を出したいところです。

 

1、クリームはたっぷり使ってしっかり伸ばす

 

高価なクリームだから少しずつ使う…といった考えはせっかくのクリームの効果を半減させてしまいます。

 

また、妊娠線はお腹回りだけでなく胸やお尻、太ももなどにもできてしまいますので、そういった部位にもくまなく塗ってあげることが大切です。

 

 

2、基本は「下から上へ」

 

クリームを塗る際は下から上へやさしくマッサージするように塗ってあげて下さい。

 

同時にリンパの流れを整えることもできますが、あまり強くマッサージをするのは良くないという話も耳にします。
あくまで優しく、ゆっくりと撫でるように塗ってあげて下さいね。

 

 

3、1日2回、朝と夜に

 

妊娠線を予防するにはできるだけ肌の保湿力を保つことが何より効果的です。

 

こうしたクリームは夜に1回塗るだけの人が多いようですが、肌が乾燥しやすい就寝前に塗るだけでなく、朝にも塗ってあげることで1日中しっかりと保湿することが大切です。

 

 

妊娠線予防クリームを使う際にはこれらのコツを心掛けてみて下さいね。