妊娠線予防クリームが人気な理由!ママになっても綺麗でいたい女性たち!

 

妊娠線予防クリームが今、若いママさんたちを中心に人気を集めて話題となっていますよね。

 

妊娠、出産という女性にとって一大イベントを経験し、愛する我が子の成長を見守る…。

 

そんな折にふと気になるのが自分のお腹回りにできてしまった妊娠線。

 

ママとなっても、幾つになってもやはり女性として綺麗でいたいという気持ちを持つのは当然だといえるでしょう。

 

 

基本的に、妊娠線は一度できてしまうと消すことはできません

 

だからこそ妊娠線を予防するための妊娠線予防クリームが人気を集め、注目されているんです。

 

 

そこでこのサイトでは、話題の妊娠線予防クリームの中で人気や効果から注目されているものを選び、ランキングしてみました。

 

 

妊娠したことが分かった!妊娠線の予防を早くから始めたい
妊娠してもうお腹も大きくなってきた、妊娠線の予防はまだ間に合う?

 

なんてママさんたちがいらっしゃったら、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

 

 

妊娠線予防クリームの人気ランキング!お勧めできるクリームはこれ!

 

AFCストレッチマーククリームの特徴

株式会社エーエフシーから発売されている妊娠線予防クリーム。

100人以上の女性の声を集めて開発されたクリームで、その配合成分には
ライマメ種子エキス
ダーマクロレラ
アラントイン
といった肌のトラブル解決に実績のあるものばかりが選ばれています。

価格 評価
2800円 評価5
AFCストレッチマーククリームの総評

医薬品製造に準拠した国内工場で作られているメイドインジャパンの妊娠線予防クリームということから、その安全性、安心性においても人気を集めています。

ベルタマザークリームの特徴

株式会社ビーボから発売されている妊娠線予防クリーム。

出産を経験したママさん達がスタッフとして開発され、その配合成分には
シラノール誘導体
スーパーヒアルロン酸
プラセンタ
など、美容成分としても耳にする機会の多いものが選ばれています。

価格 評価
6980円 評価4.5
ベルタマザークリームの総評

開発スタッフと同じく出産経験のある女性が無料電話でサポートを行ってくれるなど、出産後のケアも受けられる部分に人気を集めているクリームです。

primo(プリモ)の特徴

株式会社ヴィエリスから発売されている妊娠線予防クリーム。

開発にはAKB48の元メンバー板野友美さんや多くのカリスマブロガーが強力し、配合成分には
ライマメ種子エキス
バルミトイルテトラペプチド-7
パルミトイルオリゴペプチド
など、妊娠線予防と共にスリムアップも期待できるものが配合されています。

価格 評価
6680円 評価4
primo(プリモ)の総評

scawaii、mina、Rayなどといった多くの雑誌でも特集が組まれ、開発に協力したブロガーの読者からも注目を集めている経緯から、若いママさんを中心として人気が広まっているクリームです。

 

以上、妊娠線予防クリーム人気ランキングでした

 

 

妊娠線予防クリームはいつから使うのがいいの?

 

お腹の中に愛する我が子が宿っている…

 

初めての妊娠を経験しているママさんも、既に出産を経験しているママさんも、その喜びは同じです。

 

お腹の赤ちゃんのことを第一に考え、自分の体調や生活に注意しながら日々を送っているママさんも多いでしょう。

 

 

そんなママさんたちの心配事のひとつでもある妊娠線

 

以前行われたアンケートでは、

妊娠線が気になる  65%
妊娠線予防ケアをしている  80%

と、多くのママさんが妊娠線に対して高い興味やケアを行っているという結果も出ています。

 

最初にお伝えした通り、妊娠線は一度できてしまうと消すことが難しいとされていますので、しっかりと予防することが望ましいといえるでしょう。

 

 

妊娠線予防クリームを使い始める時期

 

妊娠線ができてしまう原因については別ページにて詳しく解説する予定ですが、簡単にいってしまえば妊娠線とはお腹のお肉が割れることで出来るもの。

 

そのため、お腹が大きくなり始める妊娠4か月目前後から妊娠線予防クリームを使い出すママさんが多いようです。

 

 

妊娠線予防クリームの働きは、保湿成分などによって肌に潤いと柔軟性を与え、大きくなるお腹のひび割れを防ぐこと。

 

そのため、使い始めるのは早ければ早いほどいいという声も聞かれます。

 

特に妊娠線は肌が乾燥しているとできやすい性質がありますので、乾燥肌の人や冬場の妊娠の際などはより早い妊娠線予防クリームの使用が望ましいといえるでしょう。

 

 

妊娠線が出来づらい体質だから…なんて油断には注意!

 

基本的に、柔軟な皮膚を持った人や皮下脂肪の少ない人は妊娠線が出来づらいといわれています。

 

 

ただしこれはあくまで傾向として言われていることで油断はできません。

 

特に、お腹が大きくなる妊娠6か月目前後を境に、急に妊娠線ができ始めてショックを受けてしまうママさんがいらっしゃることも。

 

 

最後にもう一度繰り返しますが、一度できてしまった妊娠線を消すことは非常に難しいといわれています。

 

年齢を重ねても、ママになっても、一人の女性として綺麗でいるために、しっかりと妊娠線を予防してあげて下さいね

 

更新履歴